「先輩の、イキザマ。」vol.1  パーソナルファウンダー山本剛司【前編】

 「先輩の、イキザマ。」vol.1  パーソナルファウンダー山本剛司【前編】
4年制の大学を卒業してもプロのカメラマンになれるの?
幼いころのパン屋さんになるという夢はただの夢で終わるの?

気になる職業に就くあの先輩は、
いったいその職に就くまでにどのような道のりを歩んできたのだろう? 
そんな先輩に迫り、紐解くシリーズが「先輩の、イキザマ。」。
きっと、真似したいテクニックや心持ち、背中を押してくれる名言がそこには隠れているはず。

今回は、「パーソナルファウンダー」と名乗る先輩の話。

とあるテレビ番組の街頭インタビューで「パーソナルファウンダー」という職業で話題になった男性。元リクルート役員で、現在は個人投資家として夢を追う若者を支援している山本剛司さんだ。


「つまらない」なら考えて楽しくする、を実践した学生時代


リクルートから個人投資家へ。
この変遷だけを見ると順風満帆の人生を過ごしてきたようにみえる山本さんだが、
学生時代からかなり破天荒な道のりを歩んでいる。


「神戸の大学に通っていたのですが、就職は考えていなかったので就職活動もしていなかったです。喫茶店でのアルバイトや、飲み会ばかり(笑)。でも実は、その飲み会が人生のひとつの転機。やっていて気づいたことが、いかにつまらない時間が多いかということ。美男美女が揃っても盛り上がらない、上品なお茶会みたいな感じだったんです。でもみんな『盛り上がらなかったよね』と文句をいう。男女ともに盛り上がりたいニーズはあるのに、そういう飲み会が開催されていなかっただけなんですよね。それなら効率よくニーズにあわせた飲み会のセッティングをしよう、と思いついたのが、合コンをいかした会社だったんです」

「まずはリサーチとスカウトから。いろいろな大学に潜入して女子グループに声をかけて、『合コンに興味ない?』と聞いてまわりました。そうすると『やりたいけど、いい男が来ない』『いつも盛り上がらない』といった言葉が次から次へと出てくる。それなら、ニーズにあわせてセッティングするから『彼氏作りたいのか』『とりあえず盛り上がりたいのか』『友達増やしたいのか』、まずグループとしての目的を作ってとお願いしたんですよね。それで、まずは女子でも男子でも売れっ子グループを作り、ニーズのあうグループに売り込みに行く。これこそコンサルテーション。そうしたら徐々に神戸で話題になり、ネットワークもどんどん広がっていったんです」

「そこからは、もっと効率の良い活動を目指そうと思って。居酒屋に毎回席あるかどうか確認しながら予約するのは手間になる。それなら居酒屋の席を、いつも使えるように買い取ってしまえばより効率的。空いている居酒屋に狙いをつけたら、すんなり『いいよ』と言ってくれるところがあり(笑)。そこからどんどん合コンを生産できるようになったんです。カップルもたくさん生まれて、25組くらいが結婚しました」


もともと事業をしたいとか、儲けたいとも思っていなかった

「この事業を始めた理由は、ただ合コンがつまらないから、楽しくしたいと思ったからです。事業をしたい、儲けたいというギラギラした気持ちもなかった。結果として事業になっただけ。ただ、事業の噂を聞きつけて、アルバイト先まで『ほかの仕事やってみない?』と仕事のオファーに来てくれる人もいて。このときは事業をはじめることで目をつけてくれる人がいるということがわかって嬉しかったです。アルバイトをしている人は周りにたくさんいましたけど、事業をしている人はあんまりいなかったからですかね。今の学生にも通ずるところはあると思うのですが、激しい競争やポジション争いの経験がないから主体的に何かを選択できる学生が少ない。つまらないことがあったら、ただ距離を置くだけ。それなら離れる前に“つまらないことを楽しくする”という観点をもつことが大事だと思います」


「先輩の、イキザマ。」編集後記 〜学生ライター井東の視点〜
 
「過去は振り返らない、未来に期待しない、今を生きる」

“生きるモットー”を山本さんはこう語る。

「不安定な因子がいつ入ってくるかなんて分からないから、未来に過度に期待しても価値がない。それなら“今”に集中して、自分の力量に投資する方が大事だと思います。いま頑張れないのに、未来に期待しても意味がない」。

その言葉のとおり、山本さんの大学時代は「今を生きる」ことに溢れている。
今を生きているからこそ、つまらない飲み会を楽しくしようと行動する。

「今を生きる」ことが未来にも繋がっていくのだ。


〉〉中編ではアルバイトからリクルート社員になった経緯を聞く。
井東希美

Writer

井東希美
Nozomi Ito
暇さえあれば美味しいお店をリサーチし、行きたいお店リストに追加している食いしん坊です。今はフルーツパフェが狙い目。趣味は読書と寝ること、それと考えること。
▶井東希美の記事を読む