ライフチャートってやる意味あるの?そんな疑問をぶつけてみた

ライフチャートってやる意味あるの?そんな疑問をぶつけてみた
どの就活サイトにも「ライフチャートをやってみよう」と書いてある。それによると自分の人生を振り返り、そこから自分の強みや弱みを探し出していくのがライフチャートの意義らしい。



ただ私が実際書いてみて思ったのは「ここから何が分かるの?」ということ。
プラスの時期やマイナスの時期に何があったのか。マイナスの時期にどうやってプラスまで持って行ったのか。そして最後の質問項目は「自分が充実するためには何が必要なのか」。これって別にライフチャートにしなくても分かること。私が必要としているのはポジティブさ・面倒くさがらない気持ち。ライフチャートを書かなくても分かっているのにどうしてどの就活サイトも大学のキャリアコンサルタントもライフチャートをお勧めしてくるの?
ということでキャリアコンサルタントである田中さんにライフチャートをどうしてやったほうが良いのか聞いてみました。



ざっと頂いたアドバイスを書き出すとこんな感じ。
①このライフチャートは「自分の性格を理解するためのツール」という考え方をする。
②自分の感情が上下している部分を把握したら、共通項を探す前に具体的なエピソードを書き出す。そのエピソードを横に並べたうえで共通項を探ったほうが新発見がある。
③何をしているか、誰といるか、どんなところにいるか、何を思っているかなど5W1Hの観点やその他たくさんの観点から共通項を探す。
④第三者を交えてエピソードを会話してみる。自分で自分の話をすると都合よく美化してしまったりするもの。第三者の視点があると客観的な意見をもらえ、自分の感性みたいなものも見えてくるとのこと。

さて、このアドバイスをもとにもう一度自分のライフチャートを見直してみました。そうしたら一つ共通項が見えてきました。
私のライフチャートの満足度が低くなる時を見てみると大抵「部活」や「サークル」といった「団体行動」が多いんです。確かに高校の部活は内容が満足のいくものじゃなかったり、後輩と仲違いをしてしまうこともしばしば。サークルでも意思の疎通が上手くいかないと感じたり、全員のモチベーションが揃ってないなと思う時があります。でも部活とサークルの満足度の低さは決して同じじゃない。高校の時、みんなでどうしたら部活が良くなるのかを集まって話した時、心なしかその状況を楽しんでいたのです。状況的には辛かったし泣くこともあった。でも、「みんなと同じ方向を向いて問題解決に挑む」という行為自体に苦痛は感じませんでした。
 逆に、サークルはみんな忙しいし毎日顔を合わせることもない。そのせいか集まって話し合う時でも全員揃わない、足並みも揃ってないと感じることがある。それが辛いし何とかしたいとも思うところ。

ここまで分かったところでやっぱりわからないのが仕事探しとどう結びつけたらいいのかということ。仕事はサークルとも部活とも違うもの。ここから何が見えてくるのかさらにお話を進めてみました。すると、田中さんに「長塚さんは、チームで問題解決に立ち向かう、みんなが同じ方向を向いて頑張るような会社や仕事が向いているのかも」と言われ「そこがそう就活と結びつくのか!!」と感動してしまいました。思わぬところが仕事選びのポイントになったのです。

でもこれ、一人じゃ厳しいのはもちろんそんなアドバイスをくれる友人がいるだろうか…。そこでさらに共通項を探し出したうえでどう仕事選びに直結させるかのアドバイスもいただきました。
①社会人に聞いてみる。実際に働いている人から話を聞ければよりリアルに仕事選びの参考にできるかもしれない。
②適職診断などのテストを受けてみる。適職診断である程度職種を絞ったら、その仕事が自分の共通項を満たせるか考えてみる。
③(もし自分の興味がある企業・仕事があるならば)勝手に1日の働き方を妄想する。
チャートで洗い出した自分の共通項を生かして働いた場合、どんな1日を過ごせたらごきげんなのか、自由に妄想してみるとリアルになる。すると、自分がシゴト選びで大事にしたいのは、関わる人、仕事内容、職場環境、などなど。
④キャリアコンサルタントに相談してみる。就活アドバイスのプロの方々はいろんな引き出しから仕事に結びつけるためのヒントをくれる。

とのこと。まずは「どこで働くか」を考えるのではなく何を軸に生きていくかを考えたらおのずと希望の働き方も見えてくるのかな、と思いました。ライフ・ラインチャートやたくさんの人と話すことで自分の「生きる軸」が見えてくるかも。みなさんもぜひ、「生きる軸」を探してみてはいかがでしょうか!
長塚優佳

Writer

長塚優佳
Yuuka Nagatsuka
横浜在住のアイドルオタク。頑張ってる女の子に元気を貰いながら日々精進中です。お喋り・食べること・旅行・お酒が好きです。
▶長塚優佳の記事を読む